学校法人八戸工業大学

Hachinohe Institute of Technology, School Juridical Person

理事長メッセージ

- 地域を支える理想の学園を追求する -

 

 学校法人八戸工業大学は、地域の要請を受け、昭和31年(1956年)に現在の八戸工業大学第一高等学校の前身である八戸高等電波学校を設置し、開学60余年が経ちました。現在、八戸工業大学、大学院、第一高等学校、第二高等学校、さくら幼稚園を擁し、2018年4月には念願の第二高等学校附属中学校の開校を迎えました。広く知識を求め社会における自己の役割は如何なるものかを深く認識し、高い倫理性をもって行動することの重要性を説いた「正己以格物」(己を正し以て物に格る)を建学の精神に掲げ、地域社会の発展に寄与する人材の育成をめざして日々教育研究活動を行って参りました。

 本学園の発展は、卒業生をはじめ、保護者、地域社会の皆様の温かいご理解とご協力の賜物であると、深く感謝申し上げます。
 

 本学園は地域社会に貢献できる有為の人材育成を使命とし、時代の変化や社会のニーズに応え、地域連携を進め、近年類を見ない自然災害を乗り越えながら確実な歩みを進めて参りました。しかしながら、年を追うごとに社会・経済情勢は厳しさを増し、さらには少子高齢化などの教育環境における大きな問題に直面しております。

 

 さらなる充実した教育環境と特色のある高度な教育内容を提供するためにも、日頃より施設設備の改修や教育改善を行いつつ、健全な財政状況の維持にむけ、財政の見直しや経費節減などの自助努力に努めて参ります。学生・生徒・園児のために、本学園がさらに発展を続け、地域活性化のために優秀な人材を多く輩出するとともに、地域が輝く将来ビジョンを力強く発信し続けるために、教職員一丸となって邁進する所存です。

 

 つきましては、厳しい経済環境の中、誠に恐縮ではありますが、「学校法人八戸工業大学教育基金」の趣旨をご理解いただき、教育環境の充実と拡充のためにご支援を賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。

 

学校法人八戸工業大学
理事長  栁 谷 利 通

 

「学校法人八戸工業大学教育基金」募集要項へ


各種寄付金・お申し込み方法へ

 

税制上の優遇措置へ


▲ ページの先頭へ